展示会, 日々

クラフトフェアまつもとが終わってから、あたふとと過ごしています。ガラス吹きと並行しながら、次の展示会の段取り、DM作り、などなどなど。まだまだ片付かないうちに、浦安は来週。

6月22日(木)- 25日(日) am11:30 – pm6:30
どんぐりころころ 浦安市堀江3-2-10(地下鉄東西線 浦安駅)tel.047-352-0078

そして、金どん
このごろ、金曜日のどんぐりころころは午後8時まで開けていそうです。
それならばと、23日(金)は飲み物を用意して、楽しくにぎやかにと計画しています。

5時ころから、ガラスの展示はそのままに、➕ ライブ ➕ カクテル

ライブは、5月に新譜を発表し、レコ発ライブツアー中の前川エクスプレージョン、そのボーカルの篠原尚光くんのソロ、弾き語りです。

カクテル担当は、おおはまもえさんにお願いしました。週末に代官山のクラブでカクテルを作っているそうです。よいことを聞きました。

昨年は、どんぐり酒場でした。
店主 栄さんには未知のクラブ気分を味合わさせてあげたいけれど、そこまでは難かしいので、今回はバー金どんを目指します。

展示会, 日々

昨日はクラフトフェアに使う板のペンキを塗り直していました。そして、盛岡であるグループ展用の荷物を発送しました。どちらもガラスを始めた頃から、時々抜ける年もあったけれど、いまも続いている初夏の行事、今年はたまたま同じ期間に重なってしまった。先週からあたふたとしながら、箱詰めばかりをしていましたが、いよいよ大詰め。

「宙吹きガラスの器展」5月25日(木) 〜31日(水)
うつわ比呂志
盛岡市みたけ4-7-41 tel.019-6417209
クラフトフェアまつもと
5月27日(土)・28日(日)
松本市あがたの森公園

展示会, 日々

4月も終盤に近くなり、やっと家の桜が満開になりました。さすがに長野は寒い。
週末は大阪 梅田の展示会場を訪ねてきます。
かの地は、すでに桜に花は散ってしまって、緑の葉でおおわれているのでしょう。きっと暖かなのでしょう。

長野市で焙煎業を営むヤマとカワ珈琲店の川下くんに誘われて梅田のアンジェにガラスを一ヶ月ほど並べてもらうことになりました。

「山麓からのたより」 4/21(金) – 5/14(日)

アンジェ ラヴィサント梅田店 facebookinstagram

大阪市北区梅田2−2−22 ハービスエント3F
TEL.06−6456−3322
OPEN.11:00〜20:00 Everyday open

展示会, 日々

長野もやっと春になりました、きょうから。目覚めて寝床に差す朝の光がまぶしくて、あかるくて、昨日のそれとは全く違っていました。

先週は冬から春に抜けるトンネルだったのか、暗くつらい時間でした。
夜になっていきなり歯が痛みだし、歯医者に駆け込んだのだけれど、有効な手だてにもならず市販の痛み止めでただただ我慢をした数日間。
ボヤっとしてたんだね。バーナーの火口をにぎったものだから、右手の人差し指には3センチ幅の水ぶくれ。
こっちは、ボケがきたのか。朝から探していたテレビのリモコンが出てきたのは、台所の流しのなか。

ことしの冬は少々引きこもり気味だったので、さあ、抜け出さねば。
4月4日(火)から、一年おきの恒例になっている、温々での展示が始まります。

長野では、このころ、やっと花が咲き始めます。
梅に続いて杏、、、桜が咲くのは、まだすこし先です。
そんな出遅れた春をつれて、
たくさんのガラスの器を持っていきます。

cafe & gallery 温々

〒337-0001 さいたま市見沼区丸ヶ崎1856
10:00 – 20:00 (満月の日 21:00まで)
定休日:月曜日(祝祭日は振替)
tel & fax 048-686-3620

きのうこれを書き始めたのだけれど、アップするきょうは、また冬っぽくなってしまった。
あすは、もっと冬らしくなるそうな。

展示会, 日々

クラクサ の 気のないコップ 100こ 残すのは後五日ほど。思ったよりも多くの人にきてもらいました。たまに行ってた店番も楽しくすごしています。

「どちらからですか?」と訊いたら、浦安のよく知る自然食品店の常連客だったり、次に展示をするさいたま市 温々のご近所さんだったり、いつもよりも面白いクラクサです。

テーブルの上にぎっしり並べていたコップもすき間があき、さびしくなっていたので、先週に足して、また100こに復帰させてきました。

展示会, 日々

寒いのには変わりがないけれど、それでも時々、あたたかな日差しがまじり、冬もそろそろ終わるのかな、おだやかな春がやってくるのかなと、かすかな希望を抱かせるこの何日かです。
そう、もう3月なのです。とんとご無沙汰でしたが、展示のお知らせです。

「気のないコップ 100こ」

気合いをいれずに作ったコップです。
ガラスを初めて吹くひとが作ると、こんなふうになる、、といったコップです。

やわらかく溶けたガラスを巻き取って、そのまま吹くと、、、
焼き戻して、やわらかくなった飲み口をそのまま押し広げると、、、
こんな形になります。
些細なことでかわるので、いつもにも増して、大きさ形はバラバラです。

今回は、いつもの定番のコップには休憩してもらって、
気のないコップだけを100こならべます。

3月2日(木) – 28日(水)  雑貨 クラクサ

10:30 – 18:00 水曜日定休
長野市大門町55−2 ぱてぃお大門 蔵楽庭内
tel.026-217-0125