「八月のガラス」恵文社一乗寺店

暑い日が続きます。
7月の始めの猛烈な暑さとその後の涼しさに、もう夏はすぎてしまったのだろうか、
このまま秋になってしまうのではないのだろうかと心配したのはいつのことだったのだろう。
なんのことはない例年の、いや例年以上の夏の暑さに襲われています。
そんな中蒸し暑さでは日本全国どこにも負けない京都に行きます。
8月6日の初日には、きっと店内のどこかにいると思います。

前田一郎『八月のガラス』
2022年8月6日-8月19日
午前11時から午後7時(※最終日は14時まで)
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー

森とガラスと絵

森の生活者
7月13日(水) – 8月21日(日)
OPEN 9:00 – 18:00 ( 8月より変更 ) 月・火曜日 定休
鳥取市弥生町103-2F tel.0857-50-1170
Twitter
HomePage

雨も降らずかなり暑い日が続いています。かなりバテ気味。
きょうの長野は連日のかんかん照りからやっと逃れることができました。
午前中の曇り空、午後からはどしゃ降りの雨もやってきて、まとわりつく汗のジメッとした感触から解放されています。
この気持ちはひさしぶり、尋常ならざる暑さが三週間近く続いていたのではないだろうか。
長野は涼しいときっとみんな思っているのだろうけど、そんなことはないのです。そりゃ、高原へ行けば別だけど、長野市内はじめじめと暑いのです。さらに昨年ぐらいから暑さがぐいぐいと増してきてるように感じます。

さて、鳥取のほうの暑さはどうなのだろう。
明日13日よりベーグル喫茶森の生活者でガラスと絵の展示が始まります。
この暑さのなかお出かけくださいとお願いするのも心苦しいですが、夏の森の生活者の楽しみにはかき氷があります。そのうちの杏のシロップのかき氷は、家の台所の窓の向こうの果樹園に先月まさしく杏色に実っていたもの。その味を楽しみにおいでいただくのもいいのではないかと思います。
他に、数量限定おまけ付きセットも用意しています。これは来てのお楽しみ!

8月よりお店の営業時間が変わります。ツイッターホームページで確認していただくようにお願いします。
(たぶん、11:00から15:00ころまで)

朔のついたち展 6「glass and objects」

懐かしい山本くんからの誘いで、、近くて遠い、何度か列車で通り過ぎたことのある津山を一度は訪ねてみたいなと思って参加しました。
倉敷と津山の二つの会場です。
朔のロゴやこのDMをデザインしたのは三宅くんだというし、縁もあるような、、、それでも、初めてはことがうまく運ぶのかどうか、受け入れられるのかどうか、、、ドキドキは変わらない。

朔のついたち展6
「 glass and objects 」

夏の光に包まれる季節

7名の作家による
瑞々しく透き通った世界に触れに
ぜひいらしてください

| 参加作家|

大住潤 @jun_osumi
木下宝 @simpleglass_t
櫻井三雪 @3snow.saku
津田清和
波多野裕子 @hiroko_hatano
前田一郎 @isagoya
宮下香代 @kayomysht

※大住潤さんと津田清和さんは
倉敷のみの参加
波多野裕子さんは津山のみの参加となります

倉敷
2022.7.29●-8.12○
close 8/3 , 8/9
11:00-18:00

倉敷市本町10-6
仁科設計事務所1F本町hut

津山
2022.8.27●-9/10○
close 8/31 , 9/6 , 9/7
11:00-18:00

津山市茅町71
※今回より会場が変更になります

混雑を避けるため
それぞれ初日 7/29 と 8/27の
オープン後3時間(11:00-14:00)は45分ごとの入れ替え制とさせていただき、事前予約を承ります

「森と絵とガラス」時間変更→開催中

営業時間の短縮が8月を待たずして、始まったようです。
7月中 9:00-15:00、8月から 11:00-15:00。8月22日より 森の生活者 は休み、11月末まで産休です。

そして、ギャラリーのガラス展、いつもとはちょっと雰囲気が違うので、ぜひご覧を!