それぞれの手仕事展・ラマパコス

前田一郎の吹きガラス
山二鳥の刺繍
七梅の麻風呂敷
それぞれの手仕事展
LAMAPACOS ラマパコス
2021/5月12日(水) – 22(土) ※19(水) 20(木)休み
OPEN11:00-17:00

3年ぶり、前田一郎さんの硝子が長野から届きます。前田さんのようにゆるりと心地よい空気を纏った硝子のコップや一輪挿しやピッチャーなどが並びます。
今回初めましての「山二鳥」さんfrom鳥取。ユーモラスな発想と緻密な針仕事をぜひみなさんにも見ていただきたいです。
国立界隈ではお馴染みの「七梅」さん。繕いWSなどで来ていただいていますが、作品展は初めて!七梅さんの色彩、のびのびと大らかな手仕事を見ることができるのが楽しみです。麻風呂敷は自由で楽しく、とっても頼もしい生活道具です。

☆5/15(土)、16(日)はアグネスパーラーの日
季節のドリンクがお楽しみいただけます。

LAMAPACOS ラマパコス
186-0003国立市富士見台1-14-2北島貸店舗4号室
南武線谷保駅徒歩3分/JR中央線国立駅からバスで約5分「富士見台第一団地」下車徒歩3分

五月になれば、、、ラマパコスが始まって、月の終わりは「クラフトフェアまつもと」の予定だったのに。
ラマパコスの会期は二転三転したもののただいま準備中、「クラフトフェアまつもと」はまたもや中止になりました。東京都下の禁酒令、灯火管制云々のあおりをくった形でしょうか。ちなみに長野市ではこのごろ防災無線を改修整備をしています。用水路の脇に立つ性能が上がり利用回数の増えたそのスピーカーから流れる声は、子供のころに母親がよく話していたサイレンが鳴り響き防空壕に逃げこんだという空襲警報のように思えて落ち着かない気持ちになります。

うにょうにょと進んで行くより仕方がないこのごろです。
今年はアルバート・アイラー没後50年ということでラジオ番組の中で取り上げられることが何度かありました。「ゴースト」はかなり好きな曲です。ただ、まず浮かぶのは「破壊せよ、とアイラーは言った」心の中で唱えれば、すぐに元気が出てきそうな言葉です。「東京大学のアルバート・アイラー」なんてのもあります。本のタイトルを飛び越えてそれ自体が意味を持っているように思えます。それほどにアルバート・アイラーには前衛的、先鋭的なイメージがつきまとっているのでしょうか。もしかしたらアイラーという言葉の響き自体がいいのかもしれません。
その日ラジオから流れてきたのは「サマータイム」だったと思う。こんなスタンダードもやってるのかと聞いてるとこれがよかった。フリージャズのように音の群れが押し寄せるのではなく朗々とメロディーを歌い上げるんだけど、ただ心地よくメロディーが流れていくのではなく、どこかで引っかかり淀みながらもいつまでも流れ続けて行くそんな感じです。それを表す言葉を探して思いついたのが、うにょうにょ。アイラーはうにょうにょしてて、いいよ!「遠き山に日は落ちて」で馴染みのドボルザークの「新世界」も演奏していて、これなんか最高にうにょうにょしている。

初日くらいは在廊しようと思っていましたが、あちらとこちらの予定の変更が続き都合がつかなくなりました。
山二鳥の刺繍 from 鳥取 はぜひ実物を見てもらいたいものです。発想の源はどこにあるのかそのユーモア、緻密な仕事は感嘆ものです。七梅の朝風呂敷は未見ですが、写真の色使いを見ると俄然興味が湧いて来ます。
そんなでラマパコスは、DMに記載の10日からではなく、東京都の緊急事態宣言が解除される予定の5月12日(水)から始まります。ラマパコスの最新情報こちらで → @lamapacos_yaho
@isagoya
@yamanitori.tottori
@umenofu

☆5/15(土)、16(日)はアグネスパーラーの日です。季節のドリンクがお楽しみいただけます。
@agnesparlour
☆アトリエことさんのお菓子も再びやってきます!量り売りもあります。
@_atelier_koto_

https://www.instagram.com/p/COMUdBpMR4n/

豆皿だけのうつわ展

豆皿だけのうつわ展2021

「豆皿だけのうつわ展ー小さいけど、すごいやつ。小さから、すごいやつ。ー」

2021年4/17土→5/9日 11:00→19:00 入場無料 火曜日は作品入れ替えのため休廊
会場:アートスペース油亀 〒700-0812 岡山県岡山市北区出石町2丁目3-1
お問い合わせ:086-201-8884

Twitterを眺めていると知人が桃の蒸しまんじゅう作りに取り憑かれている。https://twitter.com/organsha/status/1382852809373020160?s=20
だんだん上手になるのがわかる。今朝のなどは本物の桃と紛うかの出来栄え、二つに割ったときの柔らかい皮のホワホワが伝わってきて食欲をそそられる。

さて、みなさんはやわらかい桃とかたい桃とどちらが好きでしょう?
もしかしたらこの設問自体が成り立たないのかもしれない。熟れて果汁がしたたるような甘いやわらかな桃を食べ慣れているひとには、かたい桃などは熟れる前の甘くもなんともない固まりを想像させるだけだろう。一方、かたい桃の好きなひとはやわらかい桃というと熟れすぎて甘みを通り越して渋みさえで始めた茶色い果肉を想像する。いままで知らないでいた経験を想像するのはむずかしいことなので、やわらかい桃とかたい桃、どちらがおいしいかの論争になると終わりがない。

「豆皿だけのうつわ展」のアートスペース油亀があるのは岡山市、といえば桃太郎、もちろん桃の産地。そして柔らかく熟れた甘い桃。岡山ではなかったけれど子供のころの私は、溢れる汁で滑りやすくなった熟れた桃を手から落とさぬようにちゅるちゅるとかぶりついていた。しかし、このごろはひと口大に切った桃を爪楊枝に刺してガリッと食べている。

なんでこのようなことを思ったかといえば、長野市では桜が終わり桃の濃いピンクの花の季節になってる。