展示会, 日々

一 『はじまり』

2017年8月4日(金)〜6日(日)
10時〜18時

ガラス 前田一郎
木工 コバヤシユウジ
グラフィックデザイナー 相澤徳行
本藤麻以のコンセプトの基づく3人の合同展示です。

県町に新しくできた事務所とギャラリーのお披露目に声をかけてもらいました。
かける三以上のものができあがり、感心することしきりです。

5日には、10時からふるまいかき氷があるそうです。(ただし、氷がなくなり次第おしまい。)

〒380-0838 長野市県町482-2
tokiori

展示会, 日々

今年も、あついあつ〜い京都に行ってきます。
昨年は苦しくなるほど暑かった、一昨年はのたうちまわるほど暑かった。
このごろの暑さはひと段落したような空模様から、すこしは過ごしやすいではないかと、ほのかな期待をしています。
けれど、どうなることやら。

DMは、ことしも西淑さんのイラスト、いつも涼しげです。

八月のガラス

2017.8.5 (sat) – 18 (fri)
10:00 – 21:00  最終日は、18:00 まで
恵文社一乗寺店
606-8184 京都府京都市左京区一乗寺払殿町10
電話:075-711-5919
FAX:075-706-2868

 

展示会, 日々

7月22日(土) の初日には、ライブイベントを企画していただきました。
それとなく半分くらい長野がらみのようです。

数年前京都のアパートを引き払って宿無しとなった風博士は、風まかせのツアー旅を長野ナノグラフィカの二階から始めようとしていたのです。そのとき、私は階下で夏のガラス展をしていました。昼ころ、階段を降りてきて、きょうは草笛でそばを食べてくると、ことづけて出て行く、風博士のウキウキとした姿をいまでもよく覚えています。

その風来坊の旅を終えて、新婚生活を始めたのも、ハイエースを新居に見立てたマイホームツアーに出発したのも長野でした。

ライブ中のコーヒーは、長野市で焙煎をしているヤマとカワ珈琲店。息子ほどに年の離れた若者ですが、このごろは、ちょこちょこと仕事にも宴会にも誘ってくれます。

ミヤタケタカキさん tonari session’s の名は届いていますが、残念ながら聞く機会は、まだ。ありません。

オープニングライブのフライヤーをデザインしてくれたのは、イワサトミキさんだそうです。たぶん港町ポリフォニーのデザインを担当してる方だと思います。

そんなこんなで気になるライブです。

風博士 × ミヤタケタカキ

■ 会場:RITMUS
■ 時間:7月22日(土)開場時間 17時/開演時間 18時
■ 予約先:info@ritmus-store.com/0952-97-5876
■ ライブ代:3,600円

余韵[旧日々のおやつ]さんのあかつきを使ったお菓子と、
ヤマとカワ珈琲店さんの珈琲付き。

※ライブ当日は、今回集中豪雨により被災されました、朝倉とその周辺の方々へのチャリティーとして、
弊店、余韵さん、12douzeさんの私物も格安で販売いたします。ぜひ、お越し頂ければ幸いです。

展示会

今週末から始まるガラス展は遠いです。
佐賀市。博多までは一度行ったことはあるのですが、その先はいまだ。会期中に訪ねたい気持ちは満々、けれど、ガラス吹きは繁忙期です。とても関門海峡は越えれません。

2017.07.22 sat – 08.27 sun
RITMUS

840-0203 佐賀県佐賀市大和町梅野159-1
Open 11:30 – 18:00 不定休
tel.fax. 0952-97-5876
info@ritmus-store.com
  

RITMUS的解説

前田一郎さんの吹くグラスは、なんとなく「フニュ」って感じがします。
夏休み、鼻唄まじりに飲む、麦茶や冷たい牛乳、お酒にとても良く合うやさしいガラスたち。
何気ない風景の1コマとして、
食卓や縁側でほっこりゆるやかに、側で語りかけてくれているようです。
つかみどころのない前田さんご本人の魅力にもとても惹かれます。

展示会

浦安どんぐりころころが終わったばかりなのに、展示会が続く。

何年目になるのだろう、ほぼナノグラフィカの年数と同じくらいに続く夏のガラス展、今年は平日の店を切り盛りするスタッフがナノグラフィカに居らず休止だなと、一旦は決めたのですが、少々無理をすれば、、一週間なら、、自分が店番をしてできるかなと翻意したのです。

どうせやるなら楽しくと、あれもこれもと詰め込みました。

初日30日(金)の夕方は、これも恒例になっている 【ガラスの器で飲んだり食べたり…】
今年もまるがお食堂のまるがお姉妹が腕をふるってくれます。
食事と生ビールは用意します。日本酒が飲みたい、モヒートが飲みたい、もっともっといろいろ飲みたい、ぜんぜん飲み足りない、そのようなら持ち込み、差し入れしていただくと幸いです。
番外情報ですが、当日はナノグラフィカあるじ 増沢の誕生日であります。それを祝おうかなと気まぐれを起こしたかたもぜひお出かけください。

さらに、1、2日 (土、日)は、【旅の食堂・長野に行こう】
一昨年の秋に漬物と日本酒でナノグラフィカの夜を豊穣な香りで包み込んでくれた漬物barはなれの記憶はいまだに新しいところです。
今回はさらにカオスの予感が。東京中野の無国籍料理店カルマから飛び出した旅する星カルマ、フェスやギャラリーイベントでご飯を作り、各地をさまよいながら、アグネスパーラーも惑星軌道に乗せ、いよいよ長野市にやってきます。

そしてその他のときは、【麦茶カフェ】私が冷たい麦茶を用意してお待ちします。
ときはコーヒーを淹れる余裕ができるやもしれません。

【前田一郎ガラス展】
ナノグラフィカ
2017年6月30日(金) 〜 7月5日(水) 10:30 – 18:00

恒例の夏のガラス展、ことしは一週間だけの開催です。その期間は喫茶室も復活します。
平日は【麦茶カフェ】 前田さんが冷えた麦茶を用意して待ってます。

週末の土、日は【旅の食堂】午後8時まで、各地のイベントに出店活躍中の面々がカフェを切り盛りします。
創作の無国籍料理、フルーツを使った季節のドリンクやチャイ、「はなれ」のお勧めの地酒と自家製の漬物などのメニューが登場予定です。

【旅の食堂・長野に行こう】
7月1日(土)・2日(日) 10:30 – 20:00
旅する星カルマ(無国籍料理)・アグネスパーラー(ドリンク)・はなれ(日本酒と漬物)

【ガラスの器でお酒と料理を楽しむ会】
6月30日(金) 6時〜
会費:2500円を予定 要予約 定員10名程度
料理提供:まるがお食堂

 

展示会

あいかわらずの浦安の朝食、貝ひものごはんです。
いつも楽しみにいく浦安魚市場がやめるような噂もちらほら、なくなったらつらいな。明朝は舌切りのごはんにしようかな。

さて、金曜日のどんぐりころころは8時まで開いています。
きょう23日はその特別版【金どん】です。
ガラス展にプラス、カクテルとライブ。

昨日カクテルの段取りを打ち合わせたのですが、予想してたのよりも充実したことになりそうです。担当のおおはまもえさんは、メニューの予定を20種類以上も書き出していました。
ライブは、長野から篠原くん、ひとり前川エクスプロージョン、絶賛CD発売中、今が旬です。
ぜひ、お出かけください。

そうそう、長野みやげ ほり川のおやきも持ってきてます。