展示会

坂城町 山小路でのガラス展がはじまりました。
今回はどうもドレスコードがあるみたいです。
昨日の在廊には、白いシャツを着てくるようにと言われ、来週土曜日16日は、ワイン色のパンツでくるようにと言われています。

おまけ。
今夜も長野は花火の音が。

 

展示会

休む間がありません。いつ頃からか、連休の始まる前頃からだろうか、ずっとスケジュールに追われている気がします。
今朝はめずらしく寝坊をして大慌て、ただ、ぐっすりと眠り呆けたおかげで、ずっと続いてた頭のぼんやり、クラフトフェアの疲れがやっと取れたように感じます。
次の山小路の準備もタイムリミット、展示は来週金曜日8日から始まります。ただ搬入は早い。店主曰く、しっくりくるまでなんども並び替えて試してみたい、前日だけの準備ではとても時間が足りないそうだ。

初日と最終日、およその土曜日は会場にいます。
いままで忙しかったのは、展示の準備ばかり、 この間を縫ってせっせと作らねばね。多分会場には、炎に焙られた疲れた顔をして座っているはずです。

「ガラスの小瓶」

2018/6/8 (金) – 7/1 (日) am11:00 – pm 5:00
会期中金、土、日のみ営業

手のひらにのる可愛い小瓶
よつ葉のクローバーを入れてみた
何か良い事ありそう

小瓶の他に、いろいろなコップ、風鈴、お皿、照明などが並びます。
申し訳ございません。会期中は展示のみで、カフェの営業はできませんが、冷たいお飲物をご用意してお待ちしております。

✽ 前田さんのいらっしゃる日 6/8,16,23,30,7/1

cafe&gallery 山小路
〒389-0602 長野県埴科郡坂城町中之条797 tel/fax 0268-82-1007

展示会, 日々

私設クラフトフェアまつもとの出展者マップを作ってみました。
上部のリストの作家名をクリックすると、地図上のマーカーの情報ウィンドーが開くというものです。

クラフトフェアまつもとでは、一部を除いて、事前の場所決めはありません.。
なので出展者マップも始まってからでないと、地図は完成しません。
自ら出展しながらのチェック更新は無理だろなとあきらめていたのですが、ちょっとやってみます。
実際にテストをできるのも、年に一回しかないのですものね。

「材料・道具素材」「食品」部門の出展位置は、2018年今年のものです。
赤字の作家名は、まだ出展場所が特定できていない作家です。その他の部門でも何名かは、すでに地図上に配置してありますが、いままでの出展場所から判断した私の予想です。

二日目の朝には地図が完成してるかな。むずかしいかなぁ。

イラスト上に配置したものと
http://minomusi.bitter.jp/cfm2018/
グーグルマップを利用したもの
http://minomusi.bitter.jp/cfm2018/gmap.html
です

展示会

大急ぎで、大慌てといったほうがいいのかな、クラフトフェアまつもとの準備を始めました。
今年のBGMは原マスミにしよう。
穴のあいた坩堝に(これでガラスを溶かしているのです。)、スピーカーをはめ込んだら、思ってた以上にいい音が出てきた。きっとはかどるぞ!

クラフトフェアまつもと 5月26日(土)27日(日) 松本市あがたの森公園

展示会

きのうときょう松本市では、「ほろ酔い工芸」
今年は、長野県内で醸造されたワインが数種類と五人の工芸作家。
まずは器を選び、それにワインを注ぎ、気の利いたおつまみもついてくるという趣向の会です。

今回、私は器担当で参加しています。さらに。きょうは「ほろ酔い」でも参加予定です。
会場近辺ででちびちび飲んでいるはずです。

展示会

「シフクの器ふたり展」ガラス:前田一郎+陶器:石谷真美

2018.5.14(月)〜5.19(金)  p.m. 1:00 – p.m. 5:00 (最終日 p.m. 4:00)

草の花ギャラリー

〒414-0011 静岡県伊東市松川町5-3
tel. 090-8079-1654

連休の京都、鳥取、松本を経由して、長野にもどったのは、5月7日、ずいぶんと前のような気がします。その間に、歯を治療して、7月のガラス展とそのイベントの打ち合わせ、急に入った来月からのホテルでの展示の依頼、時間をやりくりして、ぐいのみととっくりと一輪挿しを作って、そしてこの展示の準備と搬入がメインの一週間。

善光寺近くの雑貨クラクサで見かけたと電話で依頼をもらいました。固定電話は置いてない様子です。通信手段は携帯電話と郵便のみ、いまどきのような、そうでないような、ファックスとメールも使えないのは、なかなか不便です。

わからないことがたくさんで、伊東市も初めてのところ。初めて接するお客さんばかりだろうけど、受けるかな。