展示会, 日々

先日、酒器展のかたづけに麻倉に行った折、
こんど、こばやしゆふさんというおもしろものを作るひとが来るからおいでよというお誘いがあり、
ゆふさんならクラフトフェアまつもとが始まったころから、ずっと参加してたから知り合いですという話に、
ぜひぜひ、、必ず行きます、、と
メモをしておこうとペンを取り出したら、
明後日9月30日(土)は、東京都下 器MOTOの在廊日、
あ〜、だめだな〜、行けないや!

その数日後届いたのが「こばやしゆふ 深いところ」の案内状。
上京した折に、コフィアエクスリブリスを訪ねようと考えているのだが、こちらもすれちがい。
10月6日から8日、このころは、急遽決まった鳥取市の展示のほうに向かいます。

 

でっかい山を作ろう 9月30日(土) 13:00から 15:00から 麻倉 長野県大町市大町4095-13
こばやし ゆう展 「深いところ」10月6日(金)から9日(月・祝)まで 下北沢 COFFEA EXLIBRIS 世田谷区代沢5-8-16

私は、
白ノ器とガラスの世界 9月30日(土)から10月8日(日)まで 器 MOTO 世田谷区桜丘5-3-7  9月30日は在廊しています。
Unknown Exhibition 10月4日(水)から29日(日)まで 森の生活者 鳥取市弥生町103-2F

展示会, 日々

 

はじめてたずねるところです。さぞかし閑静な住宅地との先入観ですが、どんなでしょう。
9月30日(土)は、一日中在廊しております。

=============================

2017年9月30日(土) – 10月8日(日)
11:00 – 17:00   休廊日・10/4(水)

器 MOTO

〒156-0054 世田谷区桜丘5-3-7
tel/fax 03-6413-0950  motokamano@gmail.com

展示会, 日々

昔々ですが、私は倉吉市で生まれました。そのころ倉吉には四、五軒の映画館があり、よくひとりでも通っていました。

「里見八犬伝」「児雷也」「白蛇伝」「赤銅鈴之助」「怪傑黒頭巾」「丹下左膳」「一心太助」「新吾十番勝負」「黄金バット」「ナショナルキッド」「キューポラのある町」「嵐を呼ぶ男」
おぼろげな記憶ですが、いくつかの題名が思い出されます。

小学三年生のときに鳥取市に引っ越しました。倉吉はそのときまでの記憶でとどまっている町です。その町でガラス展をします。

2017.8.9 (水) – 8.21 (月) 会期中の定休日 15日(火)
10:00 – 18:00 最終日 17:00まで
作家在廊日:10(木),11(金)

saon — glass,music and life

682-0821 鳥取県倉吉市魚町2521-1F
tel&fax:0858-38-9023
mail:ateliersaon@gmail.com

 

前田一郎さんの硝子は素朴で愛らしい。
柔らかいガラスの中から生まれる普遍的な表情はとてもおおらかで優しいのです。
そんな前田さんのガラスのうつわは、
いつもの生活をまたひとつ楽しいものにしてくれます。

前田さんの生まれ故郷 倉吉での初めての展覧会です。
どうぞご覧ください。

展示会, 日々

一 『はじまり』

2017年8月4日(金)〜6日(日)
10時〜18時

ガラス 前田一郎
木工 コバヤシユウジ
グラフィックデザイナー 相澤徳行
本藤麻以のコンセプトの基づく3人の合同展示です。

県町に新しくできた事務所とギャラリーのお披露目に声をかけてもらいました。
かける三以上のものができあがり、感心することしきりです。

5日には、10時からふるまいかき氷があるそうです。(ただし、氷がなくなり次第おしまい。)

〒380-0838 長野市県町482-2
tokiori

展示会, 日々

今年も、あついあつ〜い京都に行ってきます。
昨年は苦しくなるほど暑かった、一昨年はのたうちまわるほど暑かった。
このごろの暑さはひと段落したような空模様から、すこしは過ごしやすいではないかと、ほのかな期待をしています。
けれど、どうなることやら。

DMは、ことしも西淑さんのイラスト、いつも涼しげです。

八月のガラス

2017.8.5 (sat) – 18 (fri)
10:00 – 21:00  最終日は、18:00 まで
恵文社一乗寺店
606-8184 京都府京都市左京区一乗寺払殿町10
電話:075-711-5919
FAX:075-706-2868

 

展示会, 日々

7月22日(土) の初日には、ライブイベントを企画していただきました。
それとなく半分くらい長野がらみのようです。

数年前京都のアパートを引き払って宿無しとなった風博士は、風まかせのツアー旅を長野ナノグラフィカの二階から始めようとしていたのです。そのとき、私は階下で夏のガラス展をしていました。昼ころ、階段を降りてきて、きょうは草笛でそばを食べてくると、ことづけて出て行く、風博士のウキウキとした姿をいまでもよく覚えています。

その風来坊の旅を終えて、新婚生活を始めたのも、ハイエースを新居に見立てたマイホームツアーに出発したのも長野でした。

ライブ中のコーヒーは、長野市で焙煎をしているヤマとカワ珈琲店。息子ほどに年の離れた若者ですが、このごろは、ちょこちょこと仕事にも宴会にも誘ってくれます。

ミヤタケタカキさん tonari session’s の名は届いていますが、残念ながら聞く機会は、まだ。ありません。

オープニングライブのフライヤーをデザインしてくれたのは、イワサトミキさんだそうです。たぶん港町ポリフォニーのデザインを担当してる方だと思います。

そんなこんなで気になるライブです。

風博士 × ミヤタケタカキ

■ 会場:RITMUS
■ 時間:7月22日(土)開場時間 17時/開演時間 18時
■ 予約先:info@ritmus-store.com/0952-97-5876
■ ライブ代:3,600円

余韵[旧日々のおやつ]さんのあかつきを使ったお菓子と、
ヤマとカワ珈琲店さんの珈琲付き。

※ライブ当日は、今回集中豪雨により被災されました、朝倉とその周辺の方々へのチャリティーとして、
弊店、余韵さん、12douzeさんの私物も格安で販売いたします。ぜひ、お越し頂ければ幸いです。